南アルプスの魅力発見!
HOME >  里山の人々 >  里山の人々 – 森竹史郎(もりたけ しろう)さん

里山の人々 – 森竹史郎(もりたけ しろう)さんPeople of woodlands

井川は、そのままの姿がすばらしい。

 「井川は、いうなれば市街地から離れた小さな日本なんですよ。井川観光協会は、商工会と観光協会が一緒になったような会で、商売も産業、農業、工業も観光もみんな連鎖的に盛り上げていこうってことですね。案外、一致団結できてるんですよ(笑)」と語るのは、井川観光協会会長の森竹史郎さん。

 「20年ぐらい前ですかね。これからの時代、ほかの山々のように、南アルプスの山小屋でも食事を提供できるようにしないと、なかなか登山者に来てもらえないということで、井川山岳会から井川観光協会に管理を移管しましてね、食事の提供をするようになったんですよ。その売上も観光協会を維持する財源なんですよ。」と森竹さんは話してくれました。

 「神楽は、昔から伝わっている神事だからね。連綿と伝えなければいけないという気持ちなんですよ。」と森竹さん。

 森竹さんは、観光協会会長として、「本来の井川の魅力を伝えたい」と考えています。「ポーンと花火を打ちあげるようなイベントじゃなくて、井川のありのままの自然や文化・史跡・食…。そういったものを伝えていきたいと思っているのですよ。そうすれば、おのずと井川を愛するリピーターが増えるのではないでしょうか?」と森竹さんは言います。たしかに井川を訪れると、まずびっくりするのが「山」です。明らかに「山の風情」が違うのです。この山々を「おとこ山」と呼ぶおばあちゃんがいましたが、たしかに井川の山は、勇壮で奥深く、「大自然」といった趣があります。

 「今、井川で最も重要なのは、アクセス道路です。やっぱり、くねくね道を登ってくるのは大変です。井川の発展のためになんとか自分も出来る事をしていきたいと思っています。」と森竹さん。

 「井川は、気取らなくてもいい。そのままの姿がすばらしい。いつでも訪れることのできる、みんなのふるさとでありたいですね。」

 そう締めくくった森竹さんの横顔には、井川に生まれ育った男の気迫がみなぎっていました。

  • 全て表示
  • 自然
  • 農業
  • 伝統
  • 田舎暮らし
  • 「神楽は私たちの命ですよ」
    滝浪英希 さん
  • 先祖から伝わる重要文化財とお茶を守り続ける
    田畑 清さん
  • 55歳で井川に移住し田舎暮らしを決意!
    岩見惣吉 さん
  • 絶やしちゃいけないと思うよ。五穀は
    望月 豊さん
  • 結いの精神と在来作物を継承する
    青木タケ さん
  • エコツーリズムを通して井川の自然を守りたい
    岡本初生 さん
  • つる細工はたくさん伝えたよ。次は団歌を伝えたい
    野澤憲茂 さん
  • 霧香る井川茶の栽培
    滝浪均 さん
  • 諏訪神社宮司
    滝浪宏文 さん
  • 井川自治会会長
    栗下浩信 さん
  • リバウェル井川スキー場管理人
    桶澤正 さん
  • 井川エコツーリズムを牽引する
    鈴木幸一 さん
  • 市街地とのアクセス改善に力を注ぐ
    井川観光協会会長
    森竹史郎 さん
  • 「もったいない精神は、母の教え」と語る
    望月スミエ さん
  • とうもろこしの皮で人形を創作する
    滝浪和子 さん
  • 斬新な切り口で着地型観光を目指す
    静岡県県民の森
    宮崎勝之 さん
  • JA女性部が運営するお食事処
    アルプスの里
    遠藤弘子 さん
  • 井川には縄文時代
    から人が住んで
    いるのです
    大村勝孝 さん
  • 家に居るより
    畑で這いつくばって
    いた方が楽なのよ
    長倉うた子 さん
    南アルプスを知る
  • 歴史文化を知る
  • 自然を体験する
  • 心と体を癒やす
  • 地元の味、旬な食材を味わう
  • 在来作物
  • 動画一覧
知る 体験する 癒やす 味わう
動画一覧
井川の在来作物

静岡 bijin-tokei

南アルプスユネスコエコパーク
しぜんたんけんてちょう
オクシズ
井川情報ステーション
南アルプス衛星ライブカメラ
南アルプス衛星ライブカメラ