南アルプスの魅力発見!
HOME >  里山の人々 >  里山の人々 - 望月将悟(もちづき しょうご)さん

里山の人々 - 望月将悟(もちづき しょうご)さんPeople of woodlands

てしゃまんくに憧れて

 井川の伝説上の英雄『てしゃまんく』を知っていますか?諸説ありますが、『てしゃまんく』は井川で生まれ、幼少時には井川の自然の中で動物と遊び、頭も賢く、誰にでも親切な青年に成長しました。重い荷物を背負って、1日で井川と駿府(現在の静岡市街地付近)を往復したと言われ、彼の墓といわれる墓銘には、『三十人力 手者万九(てしゃまんく)居士』と彫られており、体力的に優れた人だったことが推察されます。井川の昔話には、『てしゃまんく』にまつわる話もたくさん残っており、井川の伝説的な人物として語り継がれています。この『てしゃまんく』に匹敵する人物が、今回紹介する望月将悟さんです。

 井川小河内地区出身の望月さんは、国体の山岳競技静岡代表を契機に数々のトレイルレースに参加し、数多くの優勝を経験してきました。2年に1度開催される、富山県から静岡県までの山岳地帯を縦断する、日本屈指の過酷なレース『トランスジャパンアルプスレース(TJAR)』では、2010年から2016年大会まで4連覇を達成。この他にも2015年の東京マラソンでは、40ポンド(18kg)を背負って3時間6分16秒という驚異のタイムで完走し、ギネス記録も保有しています。現在は、静岡市消防局に勤務し、山岳救助隊員として活躍しています。望月さんの人並はずれた体力やその人気は、まさに現代の『てしゃまんく』と言えるのではないでしょうか。

過酷なレースにも自分のスタイルを貫く

 TJARのスタート地点は、日本海側の富山県早月川河口。数日間、寝食もそこそこにひたすら大自然の中を太平洋側の静岡市大浜海岸まで走破していきます。終盤に南アルプスにさしかかり、そこを抜けると望月さんの故郷井川に到達。望月さんが慣れ親しんできた自然・人々の顔がそこにはあります。人々の励ましに加え、目にする自然から過去の楽しい記憶やレースに対する想いが、望月さんを奮い立たせ、これまでの4連覇という偉業を成し遂げる原動力となりました。

 望月さんは『毎年これが最後』と思いながらも、また新しい目標を見つけ、その度にTJARに参加してきたそうです。2018年の大会では『無補給こそ本来のレースの姿』という想いから、無補給完走に挑みました。目標達成すべく必要な水分・食料などを詰め込んだザックは過去最大の重量になりました。その重いザックを背負いながらレースに臨み、6日16時間7分で無補給完走を見事に達成しました。常に自分に厳しい目標を課し真摯に向き合う望月さんの姿勢が、TJAR無補給完走という超人的な目標を達成させました。

 『これからもレースに参加するのですか?』と質問したところ、『レースが近くなってきて、何かやり残した事があると感じたら参加しているでしょうね。』と爽やかな笑顔で話してくれました。

『自然の中へ 一歩踏み出そう!』

 これまでのキャリアを通じて、自然の偉大さ、優しさ、厳しさを熟知している望月さん。多くの人達に井川の自然を知ってもらい、もっと自然と触れ合う機会を増やして欲しいと考えています。この想いで、2018年に静岡市南アルプスユネスコエコパーク井川自然の家と連携して12kmのトレイルランニング(以後、トレラン)コースを監修しました。中級者向けではあるもののタイムトライアルが目的ではなく、初心者でも自分のペースで四季折々の自然を感じながら体験できる、望月さんの想いが詰まったコースになっています。

 老若男女問わず自然と触れ合い、自然との接し方を学習して欲しい。それが、『自然の中へ 一歩踏み出そう!』という望月さんの言葉にも繋がっていきます。

 望月さんとの会話の中で、『井川の自然体験をきっかけに、自然に関心を持ち、大切にし、自然の中へ踏み出してもらいたい。自分を育んでくれた井川の自然の良さを知ってもらいたい』という想いが、端々で感じられました。

 トレラン界では、『しずおかの熊』の呼び名をもつ望月さん。熊の表情はすっかり消え、爽やかで柔和な表情を浮かべながら井川に対する想いや自然と関わることの楽しさを語ってくれました。

 井川の自然の中で育まれた、現代の『てしゃまんく』は、先代と同じようにこれからも語り継がれるでしょう。

 取材が終わったあと、『ちょっとトレーニングに行ってきます!』と爽やかな笑顔を残し、起伏の激しい山中に颯爽と消えて行きました。

  • 全て表示
  • 自然
  • 農業
  • 伝統
  • 田舎暮らし
  • 山小屋管理人
  • アクティビティ
  • 望月将悟さん
    てしゃまんくに
    憧れて
    望月将悟さん
  • 「神楽は私たちの命ですよ」
    滝浪英希 さん
  • 先祖から伝わる重要文化財とお茶を守り続ける
    田畑 清さん
  • 横窪沢小屋管理人木村 勝利さん
    一期一会を大切に
    横窪沢小屋管理人
    木村 勝利さん
  • 茶臼小屋管理人風岡 征治さん
    スタッフと心温まるおもてなし
    茶臼小屋管理人
    風岡 征治さん
  • 聖平小屋管理人原田 重二さん
    登山者のオアシスになりたい
    聖平小屋管理人
    原田 重二さん
  • 55歳で井川に移住し田舎暮らしを決意!
    岩見惣吉 さん
  • 絶やしちゃいけないと思うよ。五穀は
    望月 豊さん
  • 結いの精神と在来作物を継承する
    青木タケ さん
  • エコツーリズムを通して井川の自然を守りたい
    岡本初生 さん
  • つる細工はたくさん伝えたよ。次は団歌を伝えたい
    野澤憲茂 さん
  • 霧香る井川茶の栽培
    滝浪均 さん
  • 諏訪神社宮司
    滝浪宏文 さん
  • 井川自治会連合会
    会長
    栗下浩信 さん
  • リバウェル井川スキー場管理人
    桶澤正 さん
  • 井川エコツーリズムを牽引する
    鈴木幸一 さん
  • 市街地とのアクセス改善に力を注ぐ
    井川観光協会会長
    森竹史郎 さん
  • 「もったいない精神は、母の教え」と語る
    望月スミエ さん
  • とうもろこしの皮で人形を創作する
    滝浪和子 さん
  • 斬新な切り口で着地型観光を目指す
    静岡県県民の森
    宮崎勝之 さん
  • JA女性部が運営するお食事処
    アルプスの里
    遠藤弘子 さん
  • 井川には縄文時代
    から人が住んで
    いるのです
    大村勝孝 さん
  • 家に居るより
    畑で這いつくばって
    いた方が楽なのよ
    長倉うた子 さん
    南アルプスを知る
  • 歴史文化を知る
  • 自然を体験する
  • 心と体を癒やす
  • 地元の味、旬な食材を味わう
  • 在来作物
  • 動画一覧
知る 体験する 癒やす 味わう
井川の紅葉特集
動画一覧
井川の在来作物

静岡 bijin-tokei

南アルプスユネスコエコパーク
しぜんたんけんてちょう
オクシズ
井川情報ステーション
南アルプス衛星ライブカメラ
静岡市の移住・定住情報サイト