南アルプスの魅力発見!

山小屋レポート - 聖平小屋report

聖平小屋

施設情報

営業期間 2018年 7/14(土)~9/25(火)朝
※9/24の宿泊まで
標高 2,260m
収容人数 120人
料金 1泊2食(寝具込)8,500円、
素泊(寝具込)5,500円、
寝具持参は1,000円引き
※小屋泊 5人以上要予約
幕営 700円(90張)
トイレ あり(水洗)
水場 あり(無料)
WEBサイト http://plaza3.dws.ne.jp/~hara5/index.html
問い合わせ先 井川観光協会 080-1560-6309(携帯)

経験豊富な山小屋管理人

 ※原田重二さんは2017年までの管理人です。

 山小屋の管理人として17年の経歴がある原田さん。管理人として3軒目となる聖平小屋も、今年で14年目を迎える。(2017年5月取材時)若い頃から、山が好きで登山に行っていたが、当時は山小屋を利用したことが無かったとのこと。現在でも、聖平小屋の営業期間以外は、多くの山に登りに行っている。他の山を登るときは、各地にある山小屋を利用している。特に北アルプスの山小屋に宿泊しながら、サービスを研究するほど、登山者視点でのサービス提供を考えている。

 もともと行きたい山の中に、100名山の聖岳も入っていた。聖平小屋には、井川に住んでいる親戚に勧められ、14年前に縁があり山小屋で働き始めた。営業期間の2ヵ月余りの間、与えられる僅かな自分の時間の中で、聖岳周辺を散策し、今では、聖岳のことは知らないことがないくらい知り尽くしている。

 小屋では、宿泊する登山者と山談義で盛り上がる。管理人をやっていると行きたい山になかなか行けないのが悔しいと微笑。

 年々、高齢者の登山によるアクシデントやマナーを守らない登山初心者などが増えているそうだ。自己の体調管理や登山マナー及び貴重な共有財産である自然物に対する配慮は心がけて登山に臨んで貰いたいと原田さん。

聖平小屋周辺の景色

 『小屋からの、日々変化する朝日や夕方真っ赤に燃える上河内岳の風景は、何度みても見飽きない』と原田さん。森林限界を越えた岩屑の頂上では雄大な景色を見る事もできる。原田さんが作成した、『聖岳周辺の花 南アルプス高山植物ガイドブック (200円)』を片手に様々な珍しい高山植物を見るのも一興である。

聖平小屋のこだわり

 聖岳周辺は、年間10件程度の登山事故が発生するそうだ。小屋には、2名の看護師等もおり、高山病や怪我などの軽微な対応をしている。また、ウェルカムポンチや時間がある時に作る特製パン(有料)などを振舞いながら、登山者のオアシスを提供するのが原田さんのモットー。特製パンは、携行食として、カロリーも高く、味も美味しい。貴重なエネルギー源として登山には重宝しそうだ。

 夕食は、豚汁と地元井川産のあまごの甘露煮。地元の素材にこだわって食事を提供している。登山者が清々しい気持ちで小屋を後にしてくれればという思いで見送りをしているそうだ。

山小屋レポート

横窪沢小屋

一期一会の出会いを大切に。清々しい空気に包まれて、山並みを望む静かなひとときを。

山小屋レポートはこちら

茶臼小屋

南アルプスのパノラマが広がる絶景と、山深い場所で味わえる刺身でおもてなし。

山小屋レポートはこちら

聖平小屋

日本100名山の「聖岳」に最も近い山小屋。登山者の安全を支える山のオアシス。

山小屋レポートはこちら

静岡市から登る南アルプス

静岡市南アルプス:大井川 横窪沢小屋から茶臼小屋、聖岳小屋を周って赤石ダムへのルート

★①~⑧をクリックすると景観写真をご覧いただけます。★山小屋情報をクリックすると山小屋の情報とレポートをご覧いただけます。
★山情報をクリックすると山の情報をご覧いただけます。

静岡市南アルプス:大井川 横窪沢小屋から茶臼小屋、聖岳小屋を周って赤石ダムへのルート
静岡市南アルプス:大井川 横窪沢小屋から茶臼小屋、聖岳小屋を周って赤石ダムへのルート
    南アルプスを知る
  • 歴史文化を知る
  • 自然を体験する
  • 心と体を癒やす
  • 地元の味、旬な食材を味わう
  • 在来作物
  • 動画一覧
知る 体験する 癒やす 味わう
動画一覧
井川の在来作物

静岡 bijin-tokei

南アルプスユネスコエコパーク
しぜんたんけんてちょう
オクシズ
井川情報ステーション
南アルプス衛星ライブカメラ