南アルプスの魅力発見!
HOME >  歴史文化を知る >  お茶壺屋敷跡

お茶壺屋敷跡history and culture

江戸時代の初め、駿府で大御所政治を展開していた徳川家康が、大日峠(井川と静岡市街地を 結ぶ峠)付近に建てた施設です。家康本人や側室などが使用するお茶が保管されていて、「井川 の殿様」と称された海野氏が、その生産管理の特権をにぎっていました。

平成10年~15年度にかけて5度にわたる遺跡調査がおこなわれ、礎石建物跡3棟や陶磁器、釘など当時の遺物を確認しました。

井川では、今も茶の生産がさかんです。高所での茶栽培のため、摘み取り時期は他の地域よりも遅く5月下旬となりますが、香りも味もしっかりした深みのあるお茶として知られています。

yosuの南アルプス体験
お茶壺屋敷

お茶の葉を涼しい場所に保管する為に井川の場所が選ばれたこと、昔の人たちの知恵や工夫にはいつも感心してしまいます。

大昔から静岡とお茶は深く結びついていたのだなぁと、改めて感じることができてうれしく思いました。(by yosu)

マップ

※自然の家職員寮脇にあります。
    南アルプスを知る
  • 歴史文化を知る
  • 自然を体験する
  • 心と体を癒やす
  • 地元の味、旬な食材を味わう
  • 在来作物
  • 動画一覧
知る 体験する 癒やす 味わう
動画一覧
井川の在来作物

静岡 bijin-tokei

南アルプスユネスコエコパーク
しぜんたんけんてちょう
オクシズ
井川情報ステーション
南アルプス衛星ライブカメラ
南アルプス衛星ライブカメラ