南アルプスの魅力発見!
HOME >  南アルプス イメージソング、yosu

南アルプス イメージソング、yosu

今回、静岡市役所様から南アルプスユネスコエコパーク登録1周年事業として南アルプス イメージソングの制作のご依頼をいただきました。

5月の晴天の南アルプスの麓の井川のロケで、まず印象に残ったのは「緑」でした。 ダム湖のエメラルドグリーン、森の緑、リバウェルの草原、木々、、、 絵具やクレヨンといった既存の「緑」 では表現できない、様々な表情の緑があふれていました。

南アルプスを思いながら、曲調としては、「壮大さ」「感動」「美しさ」を。コンセプトとしては「豊かな自然」「人間との共存」「守り、繋げていくもの」をテーマとしました。

南アルプス イメージソング「Green Love Song」

豊かな自然

みんな、南アルプスに行こう!!という元気なメッセージは二番目で、第一には、この大自然の恩恵によって我々が心豊かに暮らしていけるのだという、感謝の心、感謝への気づきが必要だと感じました。

静岡県にもこんなにも素晴らしい大自然と、そこで自然と共に生きているあたたかい人たちがいるのだという ことを、知ってもらうところから始めたいと思いました。

南アルプスの麓井川の持っている「癒し」であり、「静」であり、「包み込んでくれる」優しさを表現したいと考えました。

自然と人間の共生

ロケで1日過ごして感じたこととして、地球(自然)はいつでも「だれか、なにかの為」なのに、人間は与えてもらってばかりで、「自分の為」なんだなと思いました。

人間だけがいつしか偉くなってしまって、このままではこの素晴らしい景色を守れなくなると思いました。
共存という固い言葉ではなく、「ハーモニー」という言葉を用いました。バランスよく、相手を思いやれなければ成立しないのがハーモニーです。人間も自然の一部であって、鳥も花も木々もみんな同じ命であること、そしてこの大自然の中に海へと続く水の源流があり、風も生まれたばかりで、命の始まりを感じました。

守り、繋げていくもの

Feeling Green Love Song というワードは語呂の方への意識が強い言葉となっていますが、耳に残るポイントの 旋律にしました。「僕とずっと」、「君とずっと」、「君と未来を生きよう」 僕の解釈は「人間」、君の解釈はここでは「自然」を暗喩しています。
歌い続けることで、意識を持ち続けて欲しいので、自然への愛の唄にしたいと考えました。

これからの時代を生きる人たちと

隠れポイントとして、次の世代を支える学生の皆さんと一緒に歌えるようなものにしています。
道徳教材としても使っていただけるようなイメージを曲に持たせました。小・中・高校生たちとも一緒に歌えるような機会があるといいですね。

yosu Profile

◆yosu(よす)
◆シンガーソングライター 
◆作詞・作曲
◆歌・ピアノの弾き語り
◆公式ホームページ:http://www.mercimusic.com/

  • 静岡県焼津市出身・静岡常葉学園大学教育学部卒業(音楽専攻)
    小学校教諭一種免許、中学校教諭一種免許(音楽)、高等学校一種免許
    (音楽)取得。少林寺拳法初段。
  • 幼少からピアノを習い始め、中学入学と共にドラムを習い、ギターは独学。
  • 大学では教育学部音楽専攻に進み、クラシックの基礎、声楽法を学ぶ。
  • 2010年には、映画への出演も果たし、主題歌も担当。
  • 地元静岡でのピアノ弾き語りのライブを中心に、東京・名古屋でも精力的にライブ活動を展開中。 現在では、年間ライブ本数も100本を超える。
  • また、静岡県内のTV番組でリポーター、ナビゲーター、番組MCとしても出演、小中学校での講演、モデル業も行うなど、幅広く活動中。
  • 2013年6月、キングレコードよりミニアルバム「BIRTHDAY!」でメジャーデビュー。
  • 静岡県内外のCMタイアップ曲も多数。
    「ふと口ずさみたくなるメロディ」が性別年齢問わず多くの人に支持されている。

yosu公式Facebook

    南アルプスを知る
  • 歴史文化を知る
  • 自然を体験する
  • 心と体を癒やす
  • 地元の味、旬な食材を味わう
  • 在来作物
  • 動画一覧
知る 体験する 癒やす 味わう
動画一覧
井川の在来作物

静岡 bijin-tokei

南アルプスユネスコエコパーク
しぜんたんけんてちょう
オクシズ
井川情報ステーション
南アルプス衛星ライブカメラ
南アルプス衛星ライブカメラ