南アルプスの魅力発見!
HOME >  里山の人々 >  里山の人々 – 岡本初生(おかもとはつお)さん

里山の人々 – 岡本初生(おかもとはつお)さんPeople of woodlands

井川の自然に精通

岡本さんは、井川に生息する植物や動物を調べ、それをファイルにまとめ独自の視点で自然を見つめ続けています。そのひとつが、静岡県が絶滅危惧種に指定するヤマトイワナの研究。ヤマトイワナとは、イワナの日本固有亜種で、本州中部地方の太平洋側、山岳地帯の河川に生息しているといわれています。体長 約25センチ。他のイワナ亜種のような白い斑点が目立たず、側面により小型で紅色の小斑が散らばっています。岡本さんは実際に現地に赴いて、どうしたら絶滅を防げるかを研究しているのです。


「井川は私のふるさとですから、何かの役に立たないかといろいろ調べているのです。それを街の人にも知っていただきたいので、南アルプス・井川エコツーリズムのガイドをさせてもらっています。井川地域では、自然の素晴らしさと豊かな自然に育まれた歴史・文化を大切にし、多くの皆さまに体験してもらうことを目的に、平成20年度に南アルプス・井川エコツーリズム推進協議会を設置し、地域の魅力をPRしています。食文化体験から生活文化体験、歴史文化体験、自然体験と、様々な角度から井川の魅力を体感できるプログラムが用意されています。実は先日もお茶摘み体験をしてもらいました。井川の人たちがもっともっと自分たちのことをアピールして、なるべく街に住む方に来ていただき、井川を知ってもらうことが大事です。もしかしたらその中に井川の自然を一緒に守りたいと思ってくれる方もいるかもしれないですね。そのときには僕の作った資料が少しは役に立つのではないでしょうか?」と岡本さん。

謙虚に語られる岡本さんですが、集めた資料はたいへん価値のあるものばかりでした。昔の大井川の流域地図や砂金採りの資料など、過去に井川で発行された貴重な資料をたくさん見せていただきました。

井川に生まれて、井川で生活している岡本さん。岡本さんの井川の自然を守りたいという強い思いがひしひしと伝わってきました。

変わり行く時代の中で、次の世代に井川や南アルプスの自然をどのように残して行くかを真剣に考えることが今、問われています。

  • 全て表示
  • 自然
  • 農業
  • 伝統
  • 田舎暮らし
  • 「神楽は私たちの命ですよ」
    滝浪英希 さん
  • 先祖から伝わる重要文化財とお茶を守り続ける
    田畑 清さん
  • 55歳で井川に移住し田舎暮らしを決意!
    岩見惣吉 さん
  • 絶やしちゃいけないと思うよ。五穀は
    望月 豊さん
  • 結いの精神と在来作物を継承する
    青木タケ さん
  • エコツーリズムを通して井川の自然を守りたい
    岡本初生 さん
  • つる細工はたくさん伝えたよ。次は団歌を伝えたい
    野澤憲茂 さん
  • 霧香る井川茶の栽培
    滝浪均 さん
  • 諏訪神社宮司
    滝浪宏文 さん
  • 井川自治会連合会
    会長
    栗下浩信 さん
  • リバウェル井川スキー場管理人
    桶澤正 さん
  • 井川エコツーリズムを牽引する
    鈴木幸一 さん
  • 市街地とのアクセス改善に力を注ぐ
    井川観光協会会長
    森竹史郎 さん
  • 「もったいない精神は、母の教え」と語る
    望月スミエ さん
  • とうもろこしの皮で人形を創作する
    滝浪和子 さん
  • 斬新な切り口で着地型観光を目指す
    静岡県県民の森
    宮崎勝之 さん
  • JA女性部が運営するお食事処
    アルプスの里
    遠藤弘子 さん
  • 井川には縄文時代
    から人が住んで
    いるのです
    大村勝孝 さん
  • 家に居るより
    畑で這いつくばって
    いた方が楽なのよ
    長倉うた子 さん
    南アルプスを知る
  • 歴史文化を知る
  • 自然を体験する
  • 心と体を癒やす
  • 地元の味、旬な食材を味わう
  • 在来作物
  • 動画一覧
知る 体験する 癒やす 味わう
動画一覧
井川の在来作物

静岡 bijin-tokei

南アルプスユネスコエコパーク
しぜんたんけんてちょう
オクシズ
井川情報ステーション
南アルプス衛星ライブカメラ
南アルプス衛星ライブカメラ